アスリートボディケアの専門家がkidssアンバサダーに就任!!

kidssではさまざまなスポーツを頑張るキッズアスリートとその保護者を応援し、スポーツを続けるなかで抱える問題や悩みを解決するため、スポーツに関係する各分野の専門家の方にアンバサダーとしてキッズアスリートや保護者に知ってほしい!伝えたい!情報を不定期でコラムにして発信していただきます!今回ご紹介するのは「アスリートボディアンバサダー」としてキッズアスリートのからだのケアをサポートをしてくださる山田あゆみさんです!!2人のサッカー少年の子を持つ山田さんは専門家として、そしていちキッズアスリートの保護者として複数の視点でkidssユーザのみなさんに有益な情報を教えてくださいますのでぜひお楽しみに!

<自己紹介>
こんにちは。「アスリートボディケアアンバサダー」として、kidssに参画することになりました、山田あゆみです。
~夢に向かって努力するジュニアアスリートに、ケガなく、元気に、笑顔で頑張ってもらいたい~
そんな思いから、心と身体に働きかける「アロマ」を使ったボディケア(施術)や自宅で取り組めるサポート方法をお伝えする保護者向けの講座開催などを通して、『食事、メンタル&ボディケア』の視点から子供たちの身体づくりをサポートしています。

私自身も、プロを夢見る2人のサッカー少年の母です。
「ケガに苦しむ姿も、ストレスやプレッシャーを抱えて辛い姿も見たくない!」という思いは、子供たちを支えるパパやママと同じです。私も一緒にお子さまの『夢』を応援できることを楽しみにしています!


山田さんの活動についてもっと詳しく知りたい!という方は、下記ホームページまたはSNSよりご確認ください☆

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/p8wmn

Instagram:https://www.instagram.com/ayumi.aat/

kidssのジュニアアスリートのみなさんこんにちは。メンタルアンバサダーの寺岡です。 新しい年の始まりや、新学年が始まった時などのタイミングは、この1年どんな年にしたいかの目標を立てることも多いですね。 みなさんは、昨年の自分がどんな目標を立てたか覚えていますか。もう忘れちゃったという人はいませんか? これから自分が何に向けて頑張るのかを決めておくことはとても大事で、成長にもつながります。つまり、自己実現のスタートラインとも言えます。 今回は、これから目標を立てていく時のコツや向き合い方についてお伝えします。これから目標を立てていく時の参考にしてみてくださいね。 目標を立てるとなぜ良いのか 皆さんの中には、目標なんか立てなくても毎日頑張れば良いのではと考える人もいるかもしません。 モチベーション、つまり「やる気」を維持するのに必要なのは将来の夢を明確に持つことだと言われています。 練習がつらい時や思うような結果が出ない時、やる気が低下し更に事態を悪化させてしまうのは誰にでもある事です。そのような、モチベーションが低下した状況を乗り越えられる力を与えてくれる原動力となるのが「目標」です。 つまり、きちんと目標を立てて自分の成長のプランを描くことは、トップアスリートを目指すためには必要不可欠な事であり、スモールゴールを達成し続けることで、自己肯定感も向上していきます。 壁にぶつかったり、やる気が出ない時はついネガティブな思考に陥りがちです。そのような時は、自分が目指している姿つまり目標を振り返ってみると良いでしょう。 お父さん、お母さんは「やる気を出せ!」と叱咤激励するのではなく、目指している未来を確認しながら、前向きになれる対話をする方が効果的です。 目標の立て方 目標は将来の夢やありたい姿、目指していることなどの長期的な目標だけでなく1年後や6ヶ月、3ヶ月、1ヶ月後にどうなっていたいのかの短期的な目標を立てるようにします。 この時、長期的な目標は出来るだけ具体的で、ワクワクする内容にするのがポイントです。 例えば、「プロになる」「全国大会に出場」だけでなく「ドラフト1位でプロになり、26歳でメジャーリーグに挑戦する」「昨年より○○点アップして全国大会に行く」というようにです。 目標設定は数値化する方が良いと言われますが、数値化が難しいこともあるでしょう。そのような時には、周りにはどんな人がいるか、どんな毎日を過ごしているのかなどを具体的にイメージしてみます。そして、自分のありたい姿やそれまでの通過点として達成したいことを考えてみましょう。 この時、非現実的な目標や実現できないような高い目標は良くありません。達成可能であり、今のレベルよりも少し高いレベルの目標設定をするようにします。 また、1ヶ月や3ヶ月先の短期的な目標はどのようなことをするのかの行動目標でも構いません。ありたい姿に向けて何をしていく必要があるか、逆算をしながらしっかりと考えます。 将来の目標達成は日々の小さな目標達成の積み重ねです。自分が決めたことをやり遂げることの繰り返しは、自己肯定感を育み自信につながります。自分で自分を褒めてあげましょう。親御さんは頑張っている姿や成長した部分をたくさん褒めてあげてください。 今年の目標は立てて終わりではない アスリートにとって目標を立てるということは、知力も労力も使う作業となり、一生懸命立てた目標をその時だけのものにするのは非常にもったいないことです。 今年1年をどんな年にしていくのかを考える機会はそんなに多くはないでしょう。 だからこそ、目標はしっかりと考えぬいて立て、常に意識し続けることが重要なのです。 例えば、練習ノートを書いている場合では、表紙に目標を書きノートが新しくなるタイミングで書き直します。他にも、毎月の振り返りや目標に近づいたかを評価するのも良いでしょう。このように、目にする機会を増やせるような工夫を各自考えてみてください。 壁に貼るという方も多いようですが、いつの間にか壁に同化し意識しなくなるので、あまりおすすめしません。自分が立てた目標と向き合う時間を大事にして、自己実現を目指しましょう。 ★お年玉プレゼント★ 「スポーツブレインチェック」は脳科学の最新の脳科学や心理カウンセラー、スポーツコーチの知見から生まれたスポーツ脳を数値化し知ることができるツールです。 今回、2022年のお年玉として小学生高学年用・中高校生用のいずれかを抽選で50名に「無料」でプレゼントします。 2022年は自分のスポーツ脳に適した、強みを活かした取り組みができるよう、たくさんのご応募お待ちしています。 《応募フォーム》https://forms.gle/mgzf2iNZbQDmhJqp8 応募締切 : 2022年1月9日23:59

キッズアスリートがスポーツを続けていくなかで重要となる栄養・ボディケア・メンタル…etc, などの専門知識。kidssではスポーツに関係する各分野の専門家の方々にアンバサダーをつとめていただくことで、キッズアスリートや保護者にとって有益な情報を発信をしていきます!今回は「メンタルアンバサダー」としてキッズアスリートのメンタルトレーニングをサポートしてくださる寺岡純子さんをご紹介します!寺岡さんはジュニアアスリートの育成歴15年、脳科学に基づいたメンタルトレーニングの専門家です!メンタルを強化したいけどどうしたらいいの…?どうサポートしたらいいの…?と悩むキッズアスリートや保護者の方は多いと思うので、ぜひ今後の寺岡さんのコラム楽しみにしていてください! <自己紹介> こんにちは。このたび、「メンタルアンバサダー」としてkidssのみなさまをサポートすることになりました、アスリートメンタルトレーナーの寺岡純子です。 脳の傾向性を知る「スポーツブレインテスト」を参考に、脳科学に基づき集中力の切り替えや感情のコントロールするなどのメンタルトレーニングを行っています。 アスリートにとって、結果を出すにはメンタルが強いことは必須の条件です。しかし、メンタルが弱いことが課題であるアスリートは非常に多いのが現実です。 それぞれの目標に向けて、自分に自信を持てる子に育ち、集中力を発揮し実力を出し切れるメンタルを手に入れるために、本人や保護者に出来ることをお伝えしていきます。 私自身、ゴルフのプロテストに挑戦している長女とバドミントン部の部長をしながら中学生活をエンジョイしている次女の2人の娘の母です。 子供たちも、色々な方にお世話になったおかげで今があると思っています。 これから、たくさんのジュニアのサポートができることを楽しみにしています! HP:https://brain.kasaju2019.com Instagram : https://www.instagram.com/sportsbrainreps

This Post's Trackback URL

https://news.kidss.jp/2021/11/11/bodycare/trackback/